満載補助して下さったベーカリーさん。

航行の最中にベーカリー様を見つけたので止まりました。
駅舎から離れた坂の上に起こるベーカリー様でした。
御店の時も一軒家をベーカリーにしたのかなと想うくらい、
通路が2自分くらい通れたら良いくらいの射程で、ストレート、狭く、
店内に1列でパンがあるので、誰かが立ち止まると、
もうパンが買えない、見れないと行った階級でした。
あそこまで狭いベーカリーに行ったことはないように思います。
私の前に来ていらっしゃった2人組の御客人くんが、無念に迷い、
パンの傍で立ち止まっていらっしゃったので、
パンを確かめるのに30パイ、40パイほど掛かりました。
御店の外側にも列が出来ていますが、自分、並んで待っていました。
やっと買物が出来て、レジを済ませようとしたときに、
御店の何周年目かのおみやげ儀式をされていて
食パンをゼロ斤、無料で頂くことが出来て、身内への土産にとって帰りました。
やっぱりベーカリー様の食パンだからかキチンとしたパンで、
風味も美味しかったらしく身内も喜んでいました。
店内が狭かったり、入店ウェイティングにあったりしましたが、
身内に喜んで貰えたので良かったなと思いました。