食べ飽きて仕舞う正月のお抱えの様々なやり方

おめでたい新春に採り入れるお抱えが、なかなか減らない経験があると思います。 お汁粉や焼きのりでは食べ飽きて仕舞うお抱えのちょっと変わった製法をいくつかご紹介します。
「抱えピザ」
お抱えを織地に見立てて、とけるチーズやピザルーツを塗りトースターで焼く、ピザ味の比較的おなじみの食べ方だ。
「抱えチーズ」
お抱えをゼロ口サイズに細かく刻み、チーズや明太子と合わせ、和え物やお好み焼きとしていただきます。
「抱えマリネ」
お抱えとシーフードサラダは意外と合い、イタリアンやサウザン系のドレッシングがお勧めです。 レタスやトマト等の生野菜とも運気がとても良く、ヘルシーな仕上がりになります。
「抱え田楽」
予めこんにゃくや大根と共に茹でて柔らかくしたお抱えに田楽みそをたっぷりとかけて食するみそ田楽もどきだ。
「なんちゃってあんみつ」
餡や黒蜜と絡み易く白玉よりも香ばしい小さく切ったお抱えをあんみつ風にして召し上がるデザートだ。
 お米の味覚も小麦粉の風合いも兼ねた優しい味覚が魅力のお抱えは、煮込んだり炒めたり、様々な根源とも上手く整います。 正邪、様々な製法を試行錯誤してください。