自分と漢字に関する、小中学生時代の思い出相談

わたくしは漢字が好きです。今も好きですが、特に小中学生の頃はハマっていて、かなり勉強していました。そこで今回は、そういう漢字に関するダイアリーを書いていきたいと思います。
まずは小学校の頃だ。高学年当たりから本格的にハマり、毎日のように漢字の学習を通していました。漢字発展帳に潤沢書いていました。学習というより、趣味という気持ちでした。学習が全く苦にならず、のめり込んでいました。そのため実験ではいつも高得点を取っていました。
中学になると、漢字検定を受け始めました。4級からスタートしました。順調にパスし続け、3年生の時にはついに2級に合格したのです。全ての実験を1回の実戦で合格することができました。中学で2級に合格するのは凄い訳らしく、学院内では大きな件となりました。さらに、わたくしが通っていた学院では初の2級パスヒューマンだったらしく、周りに与えたインパクトはとても大きなタイプでした。
わたくしはとても誇らしい心中になりました。学習も作用も苦手でしたが、大好きな漢字で結果を残すことができたのが嬉しかったです。