自転車上がりのマストアイテムになりそうな眼識が決める

いま「ウェアラブルカメラ」がよく売れているそうです。手の内に減るぐらいのがたいのカメラで、あらゆるところに押し付けたりすることで、今までとるのが大変だったようなVを簡単に撮影することができるようになりました。そんな中、自転車であらゆる場所を滑るサイクリストの間でも、こういう小さ目カメラは一役買っているようで、こういう小さ目カメラを自転車に備え付ける結果、自分が走った道程を後で見返すことができるのです。ひいては、そのVを音送信WEBなどで晒し、仲間のサイクリストたちへの連絡給付などにも役立っているようです。私自身も初めて滑る道程は何かと不安も多いので、まずyoutubeに挙げられてあるその道を自転車で走ったVをみて支度をしたうえで、走ることにしています。特に立ち坂が多いゾーンを走り回ることになったまま、これらのVを見えれば、斜都度はどれくらいかとか、どこまでが登りなのかなどがすぐにわかりますので、とても有益な連絡となっています。こういう「小さ目カメラ」と「自転車」の親和性の良さは今後注目されていくのではないでしょうか。