私のダイアリーのドラマを2つご紹介いたします

ぼくは今までたくさんの総数のドラマを見てきました。面白い作ばかりでどれも印象的なのですが、今回はそれらの中から出来事における作を2つご紹介します。
1つ目は『3層B仲間コスト八先生』だ。話題関連となったこういう作。私も昔はよく見ていました。コスト八先生を演ずる武田鉄矢君の加盟は素晴らしかっただ。こうした先生が実在したらいいなと、担任だったらなと思ったりもしていました。
2つ目は『ごくせん』でした。こちらもアカデミーから、相棒由紀恵君が教師役となった作だ。こちらはコスト八先生はまた違う面白さがありました。大学生が他校の大学生やチンピラなどと不幸になり、先生がお手伝いに行くという流れが常連でした。毎回のことですが、相棒由紀恵君がとてもカッコ良く、見ていてスッキリしました。こちらは現実的にはあるわけがない先生なので、あくまでもドラマとして楽しんでいました。実在したら大変ですよね。
とも結構前の作ですが、今でも私の出来事には敢然と残っています。